実は副作用よりも気にするべきことは意外なことだった?

あなたは1日に何回お手洗いに入られますか?
今、この記事を読んでおられるということは、
きっとトイレの回数が気になっておられるのだと思います。

当然、1日の尿の回数は水分量や体質によって人それぞれです。
とは言っても、
一般的には昼間は5回から6回、夜は1回ぐらいが
基本とされています。
でも、
【これ以上トイレに行く=頻尿】
というワケではありません。

実は、頻尿には明確な基準はないのです。
しかし、目安はあります。
それは、
昼間は8回ぐらい、夜は2回以上で計10回以上
トイレに行くのは頻尿と判断されます。
あくまでこのトイレの回数は目安でしかないので、
明らかに以前よりも尿が近くなったとすれば、
もしかしたらそれは、頻尿の一歩手前かもしれません。

もし、このような状態になったら、
将来のために少しでも早く対策をしていった方が良いです。
悩みの種は小さい芽のうちに刈っておきましょう♪

頻尿の悩みに効果が
期待されているのがペポカボチャです。
頻尿に有効な成分が含まれていると注目の植物です。
しかし、
このような有効成分で改善する場合、
やはり副作用が気になりますね。
というワケでリサーチしてみました。

 

ペポカボチャのデメリットとは?


ペポカボチャのデメリットで気になるのは副作用ですが、
まず基本的に副作用はないので安心してください。
ペポカボチャは特殊なかぼちゃではありませんし、
遺伝子組み換えなどで出来た野菜でもありません。
もともと食用としてポピュラーな野菜であり、
その野菜から抽出した成分を配合しているのですから、
副作用はまったくないです。

ただし、体質に合わない可能性はあるので、
体調が悪くなった場合は使用を中止した方がいいでしょう。
ですが今までかぼちゃを食べて問題がなかった、
という方なら副作用に対して神経質になる必要はないと言えるでしょう。

ですが、まったくデメリットがないとは言えません。
それは、ペポカボチャは医薬品ではなく栄養補助食品なので、
薬のように効果には速効性がないということです。
これはどんなサプリでも共通していることですが、
栄養補助食品は有効成分を効率よく摂取するための食品ですから、
効果が出るまでにはある程度の時間がかかります。

また一時的に有効成分を取り入れたからといって頻尿が治るわけではなく、
継続して摂取していかないと効果を得られません。
こう聞くと、
「摂取するのが大変そう。」
「すぐに効果がないのでは意味がない。」
と思うかもしれませんね。
しかし栄養補助食品だからこそ副作用もありませんし、
基本的に他の健康食品や薬との飲み合わせにも問題がなく、
誰でも安全に摂取することができるのです。

ただ一つ気をつけたいのは、
海外のサプリは添加物が多かったり、
日本で使用が認められていない成分が入っていることがあるので、
日本製のサプリを選ぶようにしましょう。

確かに頻尿はすぐに治したい症状ですが、
薬効で無理やり症状を改善しても根本的な解決にはなりません。
頻尿の原因にアプローチして改善すれば、
頻尿を根本から解決することができるので、
多少時間がかかるとしてもその方が健康な体を手に入れられます。
そもそも負担となる副作用もなく症状を改善できる効果が期待できるので、
ペポカボチャが持つ有効成分で体に優しく頻尿を治していくのが
健康への一番の近道と言えるのですね。